北海道 札幌円山のお灸・はり治療室「灸PLUS」 円山公園駅徒歩4分
TEL : 011-676-9177 (予約優先)

お灸について お灸のおはなし ~北海道にお灸を~

  • お灸のおはなし
  • お灸の適応症状とおすすめのツボ
  • 火傷について
  • 妊産婦の方へ
お灸のおはなし

◎お灸はどうして身体にいいの?

お灸に使われる「もぐさ」の正体は、万能薬として名高い「よもぎ」です。
よもぎは、漢方薬としても使用されるほど薬効成分にすぐれており、止血・健胃作用など様々な効能があるとされています。

お灸をすることによって、よもぎの精油成分「チネオール」が皮膚下に浸透し加温され、血液中の白血球が増えて身体の抵抗力が高まるとされ、また、「ヒートショックプロテイン」という現象が起こり、免疫細胞の働きを強化して乳酸(疲労物質)の発生を遅らせる力を持っています。様々な効果や効能がある「お灸」をすることで、身体が持つ本来の自然治癒力を引き出し、不快な症状を緩和・改善することができるのです。

北海道民とお灸は相性バツグン!

●日本人の体質

  • ・皮膚が薄くデリケートな人が多いので、暑さ寒さの影響を受けやすい。
  • ・味噌汁や白米など水分を多く含む食文化や、湿気が多い気候など、冷えを呼び込みやすい環境で育っている。

それに加えて

●北海道民の傾向

  • ・冬寒く雪が多い気候のせいで車移動が多くなり、運動不足になりがち。
  • ・一年を通して平均気温が低い地域なので、気づかないうちに隠れ冷え性になりやすい。
  • ・近年の夏場の気温上昇にともない、慣れない冷房を多用することで自律神経が乱れやすい。

以上のことから

北海道民は慢性的に血行不良を起こしやすい。

と、いうことは・・・

日本人特有の食生活や生まれ持った体質に加え、冷え性の原因になりやすい土地に住む北海道民。血行不良が慢性的に起こることで、痛みやしびれ、内臓の不調が出てきます。身体を温めて血行不良を改善し、免疫力や回復力を高めてくれるお灸。冷えに悩まされる北海道民にとって、お灸は最良の治療法のひとつなのです!